会社情報

食べることは、愉しいこと。
どんなときも、誰にとっても。

STAFF WANTED

小宇宙食堂で働きませんか?
現在、ともにお店づくりをしていただける仲間を求めています。

からだは、
食べもので調える。

甲飽沒[ジアバーメイ]?(ごはん、食べた?)

これは、台湾の人々が伝統的に使う挨拶の言葉。

おいしいものが好きで、食べることを大事に思う台湾の人にとって、「ごはん、食べた?」は、「元気?」や「調子はどう?」と同じこと。

なぜなら食べる、ということはそのまま、元気になるということだから。

台湾では、食べるのが好きという以上に、「食べることで心身の健康を保つ」という意識が、すべての暮らしのベースとなっているように思います。

そんな台湾での食のあり方と、それを取り巻く独自の文化、ふるさとの味を伝えたくて、小宇宙食堂は生まれました。

今、いちばん「きもちいい」、
じぶんのバランスを
見つけるところ。

小宇宙食堂のおみせは、神戸・六甲にあります。

薬膳の知恵と、自然のちから。
食養生の台湾ごはんや、”いいおやつ”と過ごす時間、水墨画を散りばめた、ギャラリーのような空間。

訪れるだけで、こころとからだが「きもちよく」調っていくような、豊かなスペースでありたいと思っています。

月の満ち欠けに合わせて
ゆったりと学ぶ、
台湾料理と水墨画

オーナー リン・シエによる、「台湾家庭料理教室」と「水墨画教室」を、
古民家を改装したアトリエにて開講しています。

吸収力が高まる新月には、料理教室。
心を静かに落ち着かせたい満月には、水墨画教室。

月の満ち欠けのリズムに合わせて、
毎月、季節に沿ったテーマで学びます。

「分けあう、よろこび。」をコンセプトにした、台湾ごはんやおやつのWEBショップです。

ひとつひとつ丁寧に仕込んだ、台湾の食養生ごはんや、台湾点心を、そのままご自宅の食卓へ。使うのは、ほんとうに信頼できる、自然な素材のみ。

台湾と食にまつわるオリジナルリトルプレスや、雑貨も販売しています。

イベント出店情報

2024 5月

1
  • 小宇宙食堂[定休日]
2
3
4
  • アースデイ神戸2024
5
  • アースデイ神戸2024
6
  • vissel 神戸名店街
7
8
  • 小宇宙食堂[定休日]
9
10
11
12
13
14
15
  • 小宇宙食堂[定休日]
16
17
18
19
20
21
22
  • 小宇宙食堂[定休日]
23
24
25
26
27
28
29
  • 小宇宙食堂[定休日]
30
31

海外からの旅行者の方へ
小宇宙食堂は多様な食文化を尊重し、旅行者の方が神戸での心地よい滞在を楽しめるよう応援しています。ベジタリアンまたはヴィー ガンの方向けのオプションもご用意しています。

大口注文・法人向けギフトの受付を始めました!
お取引様へのお中元や贈答品をお探しの法人の方、冠婚葬祭などでまとまった数をお求めの方など、お気軽にお問い合わせください。

Fuufu タイワンフージャオピン
ジューシー&甘辛スパイシーな台湾のソウルフード「胡椒餅」を、もっと気軽に、いつでも楽しめるおやつに。 そんな思いから新たに生まれた、ポップでフレンドリーな台湾点心ブランドです。

FELISSIMO大盛倶楽部さんとのコラボで開発した、「南台湾の朝ごはん」手づくりキット。 台湾の朝ごはん屋さんで定番のメニューがおうちで気軽に作れます。

丹波焼の窯元、10代目焼き物職人の清水氏とコラボ制作した器をオンラインで展示しております。「生命的完整」というテーマを皿の上に表現しました。